キャッシングの賢い利用の仕方

消費者金融やカードローンの会社は、世の中から叩かれることも多いですが、実際は上手く活用している人もたくさんいます。

世間ではいまだにサラ金イメージが強く、無計画に借り入れを繰り返して返済できなくなる人よりも、業者が悪者扱いされるケースがよく見られます。

しかしまともな消費者金融業者は、改正貸金業法に従っていますし、設定金利も法律の範囲内で運営しています。もちろん違法な取り立てなども認められていません。

プロミスやアコムなど大手の業者は、東日本大震災でも被災者の返済などにも優遇措置を打ち出しましたし、今や優良な業界と言っていいでしょう。

それではどのようにキャッシングの利用をしていけばいいのでしょうか?

これは一つの意見ですが、やはり突発的に引越しや医療費の発生、出費が増加した時などに一時的に借り入れをするというのがベストです。

返済は、次のボーナスが発生した時までを最終期限として、全額完済などルールを設定しておけば、そこまで利息を気にする必要はありません。

そして普段の貯蓄は、財形貯蓄が一番お金が貯まりやすいのでお勧めします。このお金はやたらと取り崩していたら意味がありません。

定期的になるべく長期間、続けていくことで当初では考えられないほど預金残高が増えていくものだからです。

そのため突発的な出費には、キャッシングを活用して対処するのです。返済期限も設けてしっかりと早期完済を心がけるなら、この方式が一番お金が積み上がっていきます。

キャッシングを利用して破綻してしまう人は、ほとんどがそのお金でブランドものを買いあさったり、パチンコ・パチスロや麻雀、競馬などに散財しています。

このようなものに借金したお金を利用していたら、多重債務者になったり返済できなくなるのも当たり前です。ちなみにギャンブルでできた借金は、自己破産の対象にはなりませんし将来的に生活が破綻してしまうのは明白です。

必ず消費者金融を利用するときは、なるべくイレギュラー必要な出費に対して、短期的な完済を心がけて活用してください。

これを心がけていれば、賢くキャッシングと付き合っていくことができます。闇雲に借金を否定しないで上手に付き合っていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ